ブログ

令和2年度 春季(延期)昇級審査会

新型コロナウィルス感染防止対策のため、少年部は 1回の受審者数を減らすため帯別で審査会を行いました。

いつもなら保護者の皆様にもご見学いただきお子様の日ごろの稽古の成果をご覧になっていただいているのですが、今回はオンラインにて審査会の模様をお送りさせていただきました。

生でのお子様の頑張りを感じ取っていただけなかったのは残念です。早く通常の審査会に戻ることができることのを願うばかりです。

受審された皆さんは大変お疲れ様でした。

まだお手伝いをいただいた皆様ありがとうございました。



3月より延期されていた春季昇級審査会が昨日やっと開催することができました。

新型コロナウィルスの影響で道場が休館となり稽古のできない期間があったり、稽古再開後は対人稽古ができない事で会員の皆さんがヤル気をなくしてしまわないかと心配していましたが、組手代用の約束組手と対面シャドーをしっかりと取り組んでくれました。

その甲斐もあってか受け技の基礎がしっかりと身に付き、コンタクトしながらの受けよりもコンタクトしない方が受け技の反応が良くなるなと感じました。

出来ないことをマイナスと捉えて何もしないよりも「では、やれる事は何だ」と考えて行動する!今回、それによって新たな発見や収穫が沢山あり、マイナスをプラスに変えることが出来ました(^^)

withコロナはこれからも避けることができなさそうなので創意工夫を凝らして稽古指導に取り組みたいと思います。

一般審査会参加の皆さん、昨日はありがとうございました!

今日は2007年に鹿児島支部より私を慕って名古屋中央支部に移籍してきた池田くんが正式退会したとの事で挨拶に来てくれました。

池田くんはうちの道場で数年間稽古した後仕事場と住まいが遠方ということもあり、自宅側でしっかりと稽古に通える、愛知東南支部に移籍してていましたが、その後、諸事情で休会していたそうです。

久しぶりにあった彼は昔のままで、とても真面目で素直な性格で何も変わっておらず、良い意味でとても嬉しかったです。

私生活では、良い出会いがあり結婚をしたそうで今はとても幸せな日々を過ごしているそうです。

本日で退会となりますが、数少ない同郷の鹿児島人ですので、たまには会って"ソツデンノンケイッガ!"

今日はわざわざ挨拶に来てくれてスパシーバ!